臭いの強さ別のわきがの治療法

コメントは受け付けていません

軽度の場合は塗り薬や飲み薬を使う

わきがが軽度の場合は塗り薬や飲み薬などによる薬物療法を行うのが一般的です。塗り薬にはオドレミンなどがあり、飲み薬にはプロバンサインなどがあります。オドレミンは市販もされていますが、病院で処方してもらった方が無難です。プロバンサインは汗の分泌を抑える作用がありますが、目や口が渇いたり尿の出が悪くなるなどの副作用が現れることもあるので継続的に使用する場合は注意が必要です。また、精神的に不安定になるほどわきがに悩んでいる場合は自律神経の薬が処方されることもあります。

中度の場合はボトックス注射や電気凝固法を行う

わきがが中度の場合はボトックス注射や電気凝固法などを行います。

ボトックス注射はボツリヌス菌の毒をわきに注射することで汗の量を減らす効果があります。ボトックス注射は臭いの原因となるアポクリン腺に直接作用するわけではありませんが、汗の量を減らすことで不快な臭いを軽減することが可能です。

電気凝固法とはわきの毛穴に刺した電気針から高周波電流を流すことで臭いの原因となるアポクリン腺と皮脂腺を破壊する治療法です。電気凝固法にはわき毛を脱毛する効果もあります。

重度の場合は手術が必要になることも

わきがが重度の場合は手術が必要になることもあります。手術方法はわきの下を切開してアポクリン腺をひとつずつ取り除いていく剪除法、わきの下に開けた小さな穴から細い管を通してアポクリン腺やエクリン腺、脂肪腺を吸い取る皮下組織吸引法などがあります。剪除法は高い確率で汗腺を切除できますが、手術跡が目立ってしまうことがあります。皮下組織吸引法は手術跡が目立ちませんし剪除法より広い範囲を施術できますが、アポクリン腺を完全に除去するのが困難なので再発する可能性があります。

自分がわきがだと思ったら、どうしますか。自分でできるケアもありますが、病院で治療してもらうと安心です。嫌な匂いが無くなって、きっと自信が持てるようになる筈です。

作成者

ページトップへ戻る