レーザー脱毛で毛の悩みのあれこれを解決する

コメントは受け付けていません

巻き毛埋もれ毛がなくなったとの声

レーザー脱毛をすると、10日後くらいには生えていた毛がするする抜けてきます。毛根から自然と抜けてくるため、引張って途中でちぎれたようなのとは明らかに違った状態になるみたいです。そのため埋もれ毛や肌の表面に巻き毛状態になるのが防げて、肌がすべすべつるつるになったって声はよく聞かれます。自己処理を繰り返していると、毛穴がブツブツになって肌がザラザラしてくることって少なくないですよね。それも毛に関する大きな悩みのひとつでしょう。

自己処理がいらなくなるから

自己処理ってどんな方法にせよ肌は傷つきますよね。カミソリで剃ると、肌の表面の組織ももそぎ落としてしまいますし、脱毛テープや脱毛ワックスもしかりです。除毛クリームだって、肌になんらかの影響は及ぼしてるはず。脱毛機器や毛抜きで引っこ抜いたって、毛根が変な風に傷ついて、毛穴ブツブツにつながりやすいって言います。そうやって肌を傷めてきた多くの人にとって、自己処理がいらない状態になりたいっていう願いは切実です。

レーザー脱毛のしくみ

レーザー脱毛では、黒い色にだけ反応する光を利用し、生えている毛に当てて熱を発生させ、その熱を通じて毛根を破壊します。ただ、各々の毛には成長期、退行期、休止期の三つがあって、常にそれを数か月周期で繰り返しています。毛根を破壊できるのは成長期の毛だけです。退行期の毛は体表に出てはいるけれども、毛穴の奥から離れてしまっているため、熱が肝心のところまで届かず、効果がないんですって。成長期の毛をピンポイントで叩ける機会を、長期の構えで待つ姿勢が求められます。

毛根を焼き潰すレーザー脱毛は効果が高い一方、肌にかさぶたや日焼けが生じているとレーザーが拡散されて毛根が残ることがあります。肌の健康状態を良好に保つことが脱毛処理を綺麗に仕上げる秘訣です。

作成者

ページトップへ戻る